HERMES-IR HITOTSUBASHI UNIVERSITY

HERMES-IR : Research & Education Resources >
030 Department Bulletin Papers = 本学紀要論文 >
*一橋法学 = The Hitotsubashi journal of law and international studies >
06巻3号 (2007.11) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.15057/15128

Files in This Item:

File Description SizeFormat
hogaku0060303830.pdf1264KbAdobe PDF
Download
Title: ホーリズムの法哲学的意義と可能性―クワイン、ドゥオーキン、ロールズの考察を通して―
Other Titles: Jurisprudential Significance of Holism : Through the Arguments of Quine, Dworkin, and Rawls
Authors: 伊藤, 克彦
Issue Date: Nov-2007
Publisher : 一橋大学大学院法学研究科
Citation: 一橋法学
Volume: 6
Issue: 3
Start Page: 1497
End Page: 1549
Language: jpn
DOI: info:doi/10.15057/15128
Text Version: publisher
Appears in Collections:06巻3号 (2007.11)

HERMES-IRに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください