HERMES-IR HITOTSUBASHI UNIVERSITY

HERMES-IR : Research & Education Resources >
070 Working Papers = ワーキングペーパー >
Global COE Hi-Stat Discussion Paper Series >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10086/18684

Files in This Item:

File Description SizeFormat
gd10-150.pdf686KbAdobe PDF
Download
Title: 日本における課税所得の弾力性と最適所得税率:全国消費実態調査の個票データによる分析
Authors: 北村, 行伸  
宮崎, 毅
Issue Date: Sep-2010
Publisher: Institute of Economic Research, Hitotsubashi University
Physical Description: 24p
Series/Report no.: Global COE Hi-Stat Discussion Paper Series ; No. 150
Description: 本研究は、一橋大学経済研究所附属社会科学統計情報研究センターで提供している全国消費実態調査(1994 年、1999年、2004 年)の秘匿処理済ミクロデータを用いて行った。
本研究に関連して、「日本における限界税率の所得弾力性の推定」に対して日本経済研究奨励財団より2010 年度の助成を受けている。
本研究は日本経済学会秋季大会(専修大学,2009 年10 月11 日)において発表し、討論者の岩本康志(東京大学)教授、座長の土居丈朗(慶應義塾大学)教授より有益なコメントをいただいた。
"Revised September 2010"--Cover
Language: jpn
Text Version: publisher
Related Resource: This is a revised version of http://hdl.handle.net/10086/18658
Replaces: http://hdl.handle.net/10086/18658
RelationURI: http://gcoe.ier.hit-u.ac.jp/english/index.html
Appears in Collections:Global COE Hi-Stat Discussion Paper Series

Items in HERMES-IR are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback