HERMES-IR HITOTSUBASHI UNIVERSITY

HERMES-IR : Research & Education Resources >
030 Department Bulletin Papers = 本学紀要論文 >
*一橋研究 = Hitotsubashi journal of social sciences >
12巻3号 (1987.10) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.15057/6076

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kenkyu0120300330.pdf611KbAdobe PDF
Download
Title: 19世紀フランスにおける不能犯学説の展開 : 「客観説」の盛衰を中心に
Other Titles: La theorie objictive du delit impossible en France au XlXe siecle
Authors: 青木, 人志  
Issue Date: 31-Oct-1987
Publisher : 一橋研究編集委員会
Citation: 一橋研究
Volume: 12
Issue: 3
Start Page: 33
End Page: 46
Description : 論文タイプ||論説
Language: jpn
DOI: info:doi/10.15057/6076
Text Version: publisher
Appears in Collections:12巻3号 (1987.10)

HERMES-IRに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください