一般ユーザーヘルプ

 

 

 

一覧表示

検索

詳細検索

コミュニティ

コレクション

ハンドル

もっと知りたい

 

 

 

DSpaceとは電子データとしての研究資源を保存、蓄積かつ配布していくものであります。ここでは論説、作業書類、プレプリント、技術資料、会議資料、そしてデータセットなどあらゆるフォーマットにおいて検索が可能です。その内容は日々追加、更新されていきます。

DSpaceはコミュニティという単位で構成されています。コミュニティとは学校、組織の部門、実験室、研究所など、これらを管理単位とするのに似ているでしょう。コミュニティの中にはサブコミュニティ、あるいはコレクションを作成できます。さらにコレクションの中にアイテムを持つことになります。いずれも作成、保持する数に制限はありません。

 

 

一覧表示

 

一覧表示とは、指定された順番に従ってアイテムをリスト表示する機能です。

 

                 コミュニティ&コレクション順

アルファベット順にコミュニティを表示し、そこに属するサブコミュニティとコレクションも同時に表示します。

                 タイトル順

アルファベット順で全アイテムのタイトル表示を行います。

                 著者順

アルファベット順で全著者の表示を行います。

                 日付順

発行日順に全アイテムの一覧表示を行います。

 

トップへ

検索

 

全検索については画面左上方にある検索ボックスかホームページの中央にある検索ボックスから行って下さい。

特定のコミュニティやコレクションで検索をするなら、そのコミュニティやコレクションのホームページまで行き、そのページ中の検索ボックスを使用して下さい。

 

 

DSpaceでは Jakarta Lucene というサーチエンジンを使用しています。ここでは検索のヒントを示します:

 

特に条件を指定しない場合の検索項目(画面左上方の検索ボックス)
検索ボックスへ入力した検索語は、title, author, subject abstract, series, sponsorそしてidentifierフィールドから検索を行います。

もしご使用のDSpaceシステムが全文検索に対応していれば、あなたの入力した語は全アーカイブ書類に対して検索を行うでしょう。この件に関しては、ご使用のDspaceのシステム管理者へご連絡下さい。

 

検索対象にならない語-ストップワード
サーチエンジンは英語でよくある以下の語を、検索語に含みません。

"a", "and" , "are" , "as" , "at" , "be" , "but" , "by" , "for" , "if" , "in" , "into",

"is" ,"it" ,"no" , "not" , "of" , "on" , "or" , "such", "the" , "to" , "was"

 

省略形
検索語にアスタリスク(*)を指定すると、その文字から始まる語を全て検索します。例:

   であれば selects, selector, selectman, selecting などを検出します。

 

語形変化
サーチエンジンは名詞の複数形や動詞の過去形など、自動的に語尾を変化させて検索を行います。

 

フレーズ検索
いくつかの単語で成句として検索する場合はダブルコーテーションでその成句を囲んで下さい。

絶対検索後指定
2
つ以上の検索語を指定する場合、ある検索語が必ず検索結果中に現れるようにするには、プラス(+)を単語の前に加えます。次の例では”training”はオプションで”dog”は必ず結果中に出力される語になります。

検索除外語指定
検索語を指定する場合、ある単語を含むものは必ず除外するには、マイナス(-)を単語の前に加えるかNOTを使用します。次の例では結果として”training”を含み、かつ”cat”を含まないものを出力します。

  または  

 

論理演算子

次の演算子は文字と文字を結合して使用します。演算子は必ず大文字です。

ANDこの演算子で結合された単語、成句を全て含むアイテムを検索します。

 "cats"かつ"dogs"を含むアイテムを検索します。

ORこの演算子を囲む単語、成句のいずれかを含むアイテムを検索します。

 "cats"あるいは"dogs"を含むアイテムを検索します。

NOTこの演算子の後に続く単語を含まないアイテムを検索します。

 "training"を含むアイテムでかつ"cat"を含まないアイテムを検索します。

括弧を使用すれば演算子を使った検索条件のグループ化が可能であり、それら全ての条件を適用して検索することができます。

トップへ

詳細検索

 

詳細検索では特定の検索したいフィールドを指定でき、"and", "or" あるいは "not" の演算子を使用することが可能です。

 

プルダウンメニューから検索範囲とするコミュニティを限定できます。もしDSpace全体から検索したいのであれば、初期ポジションのままにしておいて下さい。

 

検索フィールドを選択し検索したい単語あるいは成句を入力して下さい。演算子を使用するなら"AND"と書かれたプルダウンメニューから選択して下さい。

注意 : 必ず検索語を入力して下さい。最初の入力ボックスが空白の場合何も検索しません。

 

トップへ

コミュニティ

 

DSpaceはコミュニティという単位で構成されています。コミュニティとは学校、組織の部門、実験室、研究所など、これらを管理単位とするのに似ているでしょう。コミュニティの中にはサブコミュニティ、あるいはコレクションを作成できます。さらにコレクションの中にアイテムを持つことになります。いずれも作成、保持する数に制限はありません。この組織割りは以下の事項を許可することにより、コミュニティ間での異なる要求に対し柔軟に対応することができます。

 

                 ポリシーの決定:

²               投稿者制限

²               検閲プロセス設置有無

²               アクセス権許可

                 ワークフローの設定 メタデータの検閲、修正

                 コレクションの管理、監督

 

それぞれのコミュニテイは自身のホーム(トップ)ページを持ち、そこではコミュニティの簡単な紹介や最新ニュース、さらにコレクションへのリンクなどがあります。

トップへ

コレクション

 

コレクションはコミュニティによって保守・管理されています。コレクションを編成するものは主題毎であったり、情報のタイプ(作業書類やデータセット)毎であったり様々です。その性質により見分けやすくなってます。コレクション毎に異なるポリシー、ワークフローを設定することができます。

 

それぞれのコレクションは自身のホーム(トップ)ページを持ち、そこではコレクションの簡単な紹介や最新ニュース、さらにアイテムへのリンクなどがあります。

トップへ

ハンドル

 

投稿したアイテムがDSpaceにおいてリポジトリの一部として登録されたら、そのアイテムに永続的なURLが割り当てられます。永続的とは、これは大抵のURLとは違い、システムが新しいハードウェアに移行される時やシステムへ変更が加えられる場合などに、この識別子を変更すべきでないことを意味しています。つまりはDSpaceはこの識別子の完全な状態を継続する責任があり、それゆえに我々はこの識別子を使って出版やその他情報伝達において引用したとしても確実に参照できるのです。このURLはハンドルシステムに登録されます。これは識別子の割当、管理、解析処理を行う統合的なシステムであり、インターネット上でデジタルオブジェクトやその他資源のための“ハンドル”として知られています。ハンドルシステムはCorporation for National Research Initiatives (CNRI)で管理されており、ここではその研究調査に努めています。

トップへ

もっと知りたい

 

さらに詳しい内容へのご質問等ございましたら、DSpaceシステム管理者へご連絡下さい。

DSpaceに関する最新の情報、詳細な情報はこちら htt://www.dspace.org/ DSpaceホーム:英語)